趣味愉楽 詩酒音楽

und es sahe der achtsame Mann das Angesicht des Gottes genau...

ハイデガーの現象学の基本的立場

 熊野純彦の訳による『存在と時間』(岩波文庫)には簡潔明瞭な梗概が付されてある。

 序論の第7節において、ハイデガーは自身が採用する「現象学」という思索の方法論について述べる。ハイデガーによれば、現象学という語は「現象」と「学」とに分けられ、それぞれギリシャ語で「ファイノメノン」と「ロゴス」とにさかのぼることができるという。この節は梗概では次のようにまとめてある。 

存在と時間』によれば、哲学一般の「基礎的な問い」は存在の意味への問いであって、その問いを探究する「方法」は「現象学的」なそれにほかならない。(…)ファイノメノン、つまり「現象」とは、「自分を示すもの」「あらわなもの」を意味する。(…)より正確には「じぶんをじぶん自身にそくして示すもの」にほかならない。ロゴスとは「語り」であり、「語りにおいて語られているもの」を「あらわにすること」である。(…)ロゴスは、語られているものを「語られているものの側から」「見えるようにさせる」ことにほかならない。さらには、「真理」を語ることとしてのロゴスとは、語られているものをその「隠されたありかた」から引きだして、アレーテスつまり「隠れていないもの」とすること、「覆いをとって発見すること」なのである。

 ハイデガーの思索の基本スタンスはここに宣言されているといってもさしつかえないとおもう。
 根底にあるのは、主観客観という二分法の拒否である。あるいはその主観の優位(絶対性)への抵抗である。*1
 梗概はこのあとさらにこう続く。

かくて「現象学」とは、「アポファイネスタイ・タ・ファイノメナ」、つまり「じぶんを示すものを、それがじぶんをじぶん自身の側から示すとおりに、じぶん自身の側から見えるようにさせること」である。現象学の標語「ことがらそれ自身へ!」の意味も、このことにほかならない。

 いきなりハイデガーの他の著作を読んでもさっぱり意味がわからない。やはり基本が大事である。

*1:木田元によれば、それは西洋近代的な「人間中心主義」に対するある種のアンチテーゼ、代替案であるとのことである。しかしその人間中心主義の相対化ともいえる精神的な文化革命を人間が主体的に行うという自己矛盾のうちに、ハイデガーの思索はさらに神話的、神秘主義的な装いをともなうこととなる。(いわゆる「後期」の思索)

意味は作者の意図を超えるか

 ハンス=ゲオルク・ガダマー(1900~2002)はハイデガーからの圧倒的な影響を受けつつ、自身の解釈学を打ち立て、1960年に主著『真理と方法』を世に送った。
 ハイデガーの思索についてある程度の理解があれば、ガダマーの言わんとしているところをつかむのはそう難しいことではない。ガダマーはおおむねハイデガー存在論の文脈の中で、テクスト(芸術作品)について語る。彼は主観・客観の二分法を退け、自立したテクストそのものの自己呈示を主張する。我々人間は授かりし言葉を通じてテクストの自己呈示(開け:真理の開け)にまつわる出来事(事態)に立ちあうことになるというわけである。そのうえでガダマーは「解釈」およびその解釈を可能とする「テクスト」の可能性について焦点を当てる。
 ガダマーの思索への入門書として次をおすすめする。

ガダマー入門―語りかける伝統とは何か

ガダマー入門―語りかける伝統とは何か

 順序としては、ハイデガーの後期(あるいは《転回》以後)の思索、たとえば『芸術作品の根源』や『ヒューマニズム書簡』等を読んでからのほうが理解は深まるとおもわれる。とはいえ身近でわかりやすい事例を挙げながら解説しているので読みやすい。

 とりわけ第5章の「意図を超える意味」の節はガダマーの思索の理解に大いに参考になる。

ガダマーにとって、言語は人間が意思を表現し伝達するために自由に用いる道具ではない。ハイデガーが言うように、人間が言語を通じて話すのではなく、言語が話し、人間はそれに応ずるだけである。そして、言語の本来のあり方である対話は、対話者たちが「行う」というよりは、「思いがけず入り込む(geraten)」ものである。

 著者は「売り言葉に買い言葉」といった例を出しつつ、対話そのものの自律した機能(自己駆動)の優位(人間に対する優位)を述べている。ガダマー自身、『真理と方法』の第1部第2章第1節において「遊び(Spiel)」という例を持ちだしながら、「遊ぶ者」を通じて自己呈示してくる「遊び」そのものの自立した存在性について述べている。

過去の理解は過去との対話であり、テクスト了解はテクストとの対話である。(…)ガダマーはテクスト(伝承)は語りかける(ansprechen)という言い方をしばしばする。(…)対話の事柄が対話者の意図を超えているように、テクストの事柄は著者の意図を超えている。

 ここにおいてテクストの本質が語られる。対話が思いもよらぬ方向へ脱線したり、なにかしらの行為が予想外の歴史的事件に及んだりする例はありふれたものだろう。テクスト(解釈)に関わる出来事も同様に、当初の意図を逸脱する可能性を常に秘めているのである。そのようにして解釈に対して常に「開か」れているテクスト(芸術作品)においてこそ(存在の)真理が見え隠れするわけである。


 ガダマーの解釈学は結局すべてが「歴史的な存在」であることに根拠を求めていくきらいがある。*1そうでなくともハイデガーの二番煎じという様相はまぬがれえまい。かといって私はガダマーの思索自体が無価値だとは決して考えない。彼はハイデガーが描かなかった領域*2に見事に光を当てているのだから。

*1:解釈する側もされる側も、また解釈の多様性への制限も、みな歴史的であるから云々という風にもっていく傾向がある。そうであるにせよやや強引な印象は残る。

*2:ガダマーはミメーシス論カタルシス論などの古典的な文芸理論を20世紀の視点から蘇らせている。

コープマンのブランデンブルク協奏曲

 合奏の楽しみが凝縮された傑作協奏曲群。

バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全6曲)

バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全6曲)

 調性と独奏楽器は以下の通り。*1

  • 第4番 ト長調 ヴァイオリン、リコーダー2

 ヴィオラ・ダ・ガンバ(脚のヴィオラ*4

 とりわけ第5番の第1楽章のチェンバロカデンツァを初めて聞いたときの感動は忘れられない。コープマンは激しく緩急をつけながら、軽やかに実に楽しげに、聞き手を魅了する。圧倒的な迫力だった。当時私は14歳だったが、その衝撃は今でも鮮やかだ。
 どのナンバーも音楽の楽しみに満ちているが、今は第4番が一番のお気に入りである。独奏部分の超絶技巧のみならず最終楽章の対位法的な展開と広がりは、聞くたびごとに胸のすく思いがする。

*1:合奏協奏曲であるため独奏楽器は複数あり、入れかわり立ちかわり名人芸を披露する。

*2:小型ヴァイオリン

*3:チェンバロ通奏低音としてだけではなく独奏楽器としても活躍させるというのは当時としては異例のことであった。近代の独奏協奏曲と同様に長大なカデンツァを含みもつ。

*4:バロック時代に用いられた弦楽器の一種であり、楽器は脚で挟んで保持し、弦は6つ、フレット付き、弓は逆手に持つなど極めて特徴的な古楽器。典雅でひなびた音色を持ちながらも音量が小さくまた主に宮廷で用いられていたこともあって、近代以降は廃れた。

タリス・スコラーズのパレストリーナ

 16世紀イタリアを代表する作曲家パレストリーナのミサ曲集。

Tallis Scholars Sing Palestrina

Tallis Scholars Sing Palestrina

 対位法的な声楽作品といえばアルプス以北の作曲家*1によるものがほとんどだった当時、カトリックの中枢ローマで活躍したパレストリーナは稀有な存在だったそうな。タリス・スコラーズの歌声によって対抗宗教改革時代のミサ曲が現代に再びよみがえる。
 ドイツ・プロテスタントルター派*2が会衆のための「コラール*3というジャンルを創出する一方で、パレストリーナのミサ曲は対位法芸術の極致を示している。
 ベースラインの上に次々に積み重ねられていく複数のメロディが、まったくの破綻も来すことなくむしろ無限の広がりをもって、三和音の絶対的な調和のもとに1つとなる。そのサウンドはまさに音響の建築。音世界の理想的な秩序はパレストリーナとともにある。

*1:たとえばギヨーム・デュファイやジョスカン・デ・プレなど

*2:2017年はいわゆるルター『論題』の発表からちょうど500年のメモリアルイヤーである。

*3:会衆が歌いやすいように作られた平易な典礼合唱曲

プロデュースマイスター・ワーグナー

 プロイセン=オーストリア戦争や北ドイツ連邦の成立など、ドイツ国民国家の成立プロセスと並行した時代に書かれ、そして初演された祝祭的な楽劇である。*1

 20世紀の歴史を踏まえたとき、《マイスタージンガー》という作品への向き合い方は一筋縄ではいかないものがある。*2
 ワーグナーの描き方、見せ方の巧みさにはほとほと驚かされるばかりであり、彼が演出するドイツ・ナショナリズムの栄光とその擁護者・守護者への賞賛は実に印象的で雄弁である。であるからこそ、極めて危険である。
 こういった作品にこそ多様で現代的な演出が求められるともいえよう。様々の解釈*3に耐えうる圧倒的な音楽の力が満ちみちているのだから。《マイスタージンガー》はまさにドイツ語のうた[Gesang]の宝庫。

*1:初演から3年後の1871年にはドイツ帝国が成立する。

*2:ナチスドイツのプロパガンダとして、ワーグナー作品は常にその筆頭であった。

*3:私個人的にはやはり、輪廻転生や罪と罰、救済といったテーマを扱う『パルジファル』の多様な解釈と演出にも大いに興味関心がある。