趣味愉楽 詩酒音楽

und es sahe der achtsame Mann das Angesicht des Gottes genau...

ねこは生きて、そして死んだ。

 信州・安曇野ちひろ美術館の資料室には絵本が多数所蔵されており、ふと懐かしく思って手にとったこの本。

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 ぱらぱらとめくってみるだけのつもりが、最初から最後まで読みきってしまい、その余韻は深くふかく心をとらえる。
 ある程度の歳をとってから読みなおすべき絵本。