読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味愉楽 詩酒音楽

und es sahe der achtsame Mann das Angesicht des Gottes genau...

1962年バイロイトのパルジファル

 この連休中、一日ひと幕と決めて、総譜を見ながら通して聴いた。

Wagner: Parsifal 1962

Wagner: Parsifal 1962

 バイロイトにおける≪パルジファル≫の伝説的演奏である。テンポ設定が卓越しており、これ以外にはありえないと思わせるような足取りである。
 第1幕においては『舞台転換の音楽』以降、第3幕においては『聖金曜日の音楽』以降、これらまさにワーグナーの真骨頂とでもいえるような魅惑的な転調とオーケストレーションに出会うことができる。

 調性や4度上行音階モティーフなど、ブルックナーの第8交響曲(とりわけアダージョ楽章)との関連性が濃厚な箇所はいくつもあるが、まだ断片的な情報にとどまっている。それらを結びつけながら、なにか新しいものが見えてくればとおもう。