趣味愉楽 詩酒音楽

und es sahe der achtsame Mann das Angesicht des Gottes genau...

中也と海

 中原中也の詩にはしばしば「海」が登場する。
 詩人晩年の ―とはいえ享年三十だが― 草稿詩篇の1つはこう語る。

お天気の日の海の沖では
子供が大勢遊んでゐます
お天気の日の海をみてると
女が恋しくなって来ます


女が恋しくなるともう浜辺に立つてはゐられません
女が恋しくなると人は日蔭に帰つて来ます
日蔭に帰つて来ると案外又つまらないものです
それで人はまた浜辺に出て行きます


それなのに人は大部分日蔭に暮します
何かしようと毎日々々
人は希望や企画に燃えます


さうして働いた幾年かの後に、
人は死んでゆくんですけれど、
死ぬ時思ひ出すことは、多分はお天気の日の海のことです

 1934年11月29日のものである。中也が二十七歳のころ、ちょうど同じ年の10月に長男誕生を受けての作である。
 二十七でこの境地に至るものかと。
 そんな私も今年ちょうど二十七なのでありました。

中原中也全詩集 (角川ソフィア文庫 360)

中原中也全詩集 (角川ソフィア文庫 360)