趣味愉楽 詩酒音楽

人文系の書籍やクラシック音楽の紹介を中心としたエッセイ集

中原中也:春日狂想

 僕にとっては一番特別の詩だから、ここに載せることすら、ある種の恥じらいのようなものも幾分かあったわけだけど、いやなに、もはやそんなこと言ってるようなあれでも無い。

春日狂想



 1

愛するものが死んだ時には、
自殺しなきゃあなりません。


愛するものが死んだ時には、
それより他に、方法がない。


けれどもそれでも、業(?)が深くて、
なおもながらうことともなったら、


奉仕の気持に、なることなんです。
奉仕の気持に、なることなんです。


愛するものは、死んだのですから、
たしかにそれは、死んだのですから、


もはやどうにも、ならぬのですから、
そのもののために、そのもののために、


奉仕の気持に、ならなきゃあならない。
奉仕の気持に、ならなきゃあならない。


 2

奉仕の気持になりはなったが、
さて格別の、ことも出来ない。


そこで以前より、本なら熟読。
そこで以前より、人には丁寧。


テンポ正しき散歩をなして
麦稈真田を敬虔に編み――


まるでこれでは、玩具の兵隊、
まるでこれでは、毎日、日曜。


神社の日向を、ゆるゆる歩み、
知人に遇えば、にっこり致し、


飴売爺々と、仲よしになり、
鳩に豆なぞ、パラパラ撒いて、


まぶしくなったら、日蔭に這入り、
そこで地面や草木を見直す。


苔はまことに、ひんやりいたし、
いわうようなき、今日の麗日。


参詣人等もぞろぞろ歩き、
わたしは、なんにも腹が立たない。



   《まことに人生、一瞬の夢、
       ゴム風船の、美しさかな。》



空に昇って、光って、消えて――
やあ、今日は、御機嫌いかが。


久しぶりだね、その後どうです。
そこらの何処かで、お茶でも飲みましょ。


勇んで茶店に這入りはすれど、
ところで話は、とかくないもの。


煙草なんぞを、くさくさ吹かし、
名状しがたい覚悟をなして、――


戸外はまことに賑やかなこと!
――ではまたそのうち、奥さんによろしく、


外国に行ったら、たよりを下さい。
あんまりお酒は、飲まんがいいよ。


馬車も通れば、電車も通る。
まことに人生、花嫁御寮。


まぶしく、美しく、はた俯いて、
話をさせたら、でもうんざりか?


それでも心をポーッとさせる、
まことに、人生、花嫁御寮。



 3

ではみなさん、
喜び過ぎず悲しみ過ぎず、
テンポ正しく、握手をしましょう。


つまり、我等に欠けてるものは、
実直なんぞと、心得まして。


ハイ、ではみなさん、ハイ、御一緒に――
テンポ正しく、握手をしましょう。

   《まことに人生、一瞬の夢、
       ゴム風船の、美しさかな。》

 この一節に出会ったときの衝撃ったらなかった。まだ僕は25くらいだった。

中原中也全詩集 (角川ソフィア文庫)

中原中也全詩集 (角川ソフィア文庫)