趣味愉楽 詩酒音楽

人文系の書籍やクラシック音楽の紹介を中心としたエッセイ集

読書録:聖書の読み方

 正典として読むにせよ、西洋古典文学として読むにせよ、およそ聖書を読むにあたっては適切な導きが必要である。

 著者は、キリスト教における共通了解である「使徒信条(信仰宣言)」を聖書読解の導きとする。
 使徒信条 Credo とは、次のとおりである。

天地の創造主、全能の父である神を信じます。
父のひとり子、わたしたちの主イエス・キリストを信じます。
主は精霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、
ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、
十字架につけられて死に、葬られ、陰府に下り、
三日目に死者のうちから復活し、
天に昇って、全能の父である神の右の座に着き、
生者と死者を裁くために来られます。
精霊を信じ、聖なる普遍の教会、聖徒の交わり、
罪のゆるし、からだの復活、永遠のいのちを信じます。

 著者は、これを次のとおり三部分に分けて分析する。

【A】神について
天地の創造主、全能の父である神を信じます。

【B】イエス・キリストが歩む道のりについて
父のひとり子(①先在)、わたしたちの主イエス・キリストを信じます。
主は精霊によってやどり、おとめマリアから生まれ(受肉、③誕生)、
ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、
十字架につけられて(④地上の生(神の国の宣教)、⑤十字架刑)死に、葬られ、陰府に下り(⑥陰府下り)、
三日目に死者のうちから復活し(⑦復活、⑧顕現)、
天に昇って、全能の父である神の右の座に着き(⑨昇天・高挙)、
生者と死者を裁くために来られます(⑫再臨・終末(神の国の実現))。

【C】教会の現在と未来について
精霊(⑩精霊)を信じ、聖なる普遍の教会、聖徒の交わり、
罪のゆるし(⑪教会の「今」)、からだの復活、永遠のいのち(⑫再臨・終末(神の国の実現))を信じます。

 この共通了解をそのまま受け入れるか否かはさておき、少なくとも聖書世界においては共通了解されているということを了解する限りで、聖書読解は初めて可能となる。
 著者は、その上で、たとえば《パウロ書簡》は⑤を、《ヨハネ福音書》は②を、《ヨハネの黙示録》は⑫を、それぞれクローズアップして各文書が成立していると指摘する。ひとくちに聖書といっても文書ごとにその色味は大きく異なってくるのである。
 
 聖書を分析的に読むとき、この視点を持ち合わせているかどうかは極めて重要である。
 じっさい《ヨハネ福音書》を他の三つの福音書と比較するとき、その力点の置き方は他と明らかに異なっている。
 なぜイエスは弟子たちの前に現れることになったのか。これについての記述が《ヨハネ》にはくりかえしくりかえし出てくるのである。いわゆる奇跡譚や人生訓のようなキャッチーな記述は薄味な一方で、イエスが我々の前に現れたことの意味についての考察が非常に濃厚なのである。
 
 キリスト教信仰においても、また正典たる聖書の各文書においても、立場はそれぞれのものがある。
 そうでありつつも、立場を超えてニュートラルな視点で聖書の読み方を提案する本書は、またとない最善の導きである。

読書録:はじめてのスピノザ 自由へのエチカ

 画期的なスピノザ入門書である。
 論点はいくつもあるが、ここではスピノザの一元論に的を絞って見ていきたい。

 筆者はスピノザ哲学を次のように要約する。

神は絶対的な存在であるはずです。ならば、神が無限でないはずがない。そして神が無限ならば、神には外部がないはずだから、したがって、すべては神の中にあるということになります。これが「汎神論」と呼ばれるスピノザ哲学の根本部分にある考え方です。
(・・・)
すべてが神の中にあり、神はすべてを包み込んでいるとしたら、神はつまり宇宙のような存在だということになるはずです。実際、スピノザは神を自然と同一視しました。これを「神即自然」と言います。

 自然をも統べる唯一神というユダヤ教キリスト教の文化圏において、スピノザはまぎれもなく異端だった。
 スピノザのいう神とは万物を統括する神ではなく、というよりむしろ万物が唯一神そのものという議論なのである。

 詳しくみていく必要がある。
 著者は『エチカ』の第三部定理六証明を次のとおり引用する。

個物は神の属性をある一定の仕方で表現する様態である(・・・)、言いかえればそれは(・・・)神が存在し・活動する神の能力をある一定の仕方で表現する物である。

 スピノザにとっての実体は、ただ神だけである。本当にあると言えるのは神のみであって、ひとも、自然も、命運も、実体としての神の属性を個々に表現する様態(モード)に過ぎない。
 デカルトを強く意識して、スピノザ思惟と延長(精神と身体)という二属性を、むしろそれこそ人間の理解の限界と位置付ける。ひとは、せいぜいその二属性だけを扱えるのであって、無限に多くの属性無限に多くの様態において表現する個物(すなわち無限者であるところの絶対者:つまりは神)は実際存在すると彼は考える。
 人間の空間認識は三次元が限界であるが、現代の理論物理学における超弦理論のように世界はもっともっと高次元である。そもそも実体ですらなく、個々のモードに過ぎない我々に、どうして無限の属性が把握されうるだろうか。ひとにおいては、唯一の実体である神に、この私という様態で与ることが許容されているのみである。そしてその様態は、神の属性の一つに過ぎない。
 
 スピノザは、三十年戦争で荒廃する世界を見つめながら、何を思索したか。
 諸行無常
 救済する神はいなかった。ひとも自然も、明滅するひとつの個に過ぎない。
 しかし、それでもなおこの世界は確かに存在する。我々の理解をはるかに超えた絶対者に与っているからこそ、この世はこうして確かに存在する。
 国破れて山河在り。
 この世の地獄に立ち尽くしながら、それでも何かを信じて生きてゆかねばならない。目の前のものすべてがかりそめであったとしても、一方では、それでもなお世界を世界たらしめている限りで、絶対者は確実に存在しなければならない。

 はかない個は、一体どこからきて、どこへ向かっていくのか。
 ひとはひとであるがゆえに、その思索を止めることはできない。のちに思索の調停者となるカントからすれば、身の程を知れ、主語の想定と主語の存在を混同してはならない、ということにはなるのだろう。
 ただ、スピノザが見ていた地平は、調停者ないし観察者のカントのそれとは全く異なる。
 
 地獄の淵で、それでも何を信じうるか。
 スピノザの思索は絶望からの脱却を模索する歩みそのものでもある。

フランスのガルニエ・オルガンで聞くバッハ

 フランス東部ブルゴーニュ地方、ドイツとスイスの国境にほど近いルフォールの町にはマルク=ガルニエ1984年に製作したオルガンがある。

 フランス風のバッハ・オルガン音楽が容易に想像された。
 しかし、曲目にフランス系ナンバーは1つもなく、むしろ通好みの、これぞドイツ・バロックあるいはドイツ・ルター派音楽とでも呼べるような作品ばかりが並んでいた。
 CDケースを開け、ブックレットを裏返すと、ベルフォール聖ジャン教会のガルニエ・オルガンのファサードの写真、そこに写っていたのは、なんと「北ドイツ」のオルガンだった。長大な低音系パイプ群が双塔のように左右に据えられ、メインパイプ群以外に独立したパイプ群がバルコニー手前にも配された、北ドイツのオルガンに典型的なフォルム。合点した。そういうことか。
 演奏一聴、期待を裏切らない正真正銘の北ドイツ・オルガンだった。瑞々しく輝かしく、それでいて透き通るような凛とした音色、低音から高音まではっきりとして聞き取りやすい明瞭な発音。
 このオルガンは、フランスにあるドイツのオルガンだったのだ。

バッハ:ヨハネ受難曲(バッハ・コレギウム・ジャパンとコレギウム・ヴォカーレ)

 2021年のイースターは4月4日である。

 ここに甲乙つけがたい二つのヨハネ受難曲の演奏がある。奏者はいずれも、いわゆる老舗の古楽集団だが、方向性はかなり異なる。

 バッハ・コレギウム・ジャパンの合唱隊は各パート5名(アルトは6名)で構成されている。アルトの補強に象徴されるように、非常に情熱的で力強い音楽である。作曲者が描き出そうとしたドラマティックな受難劇の迫力を余すところなく伝える息遣いは終始、心地よい熱を帯びている。
 
 第二部の第21曲(群衆によるイエスの十字架刑の要求)以降は壮絶の一言に尽きる。
 (1)エヴァンゲリスト福音書記者ないし伝道者、語り部)、(2)群衆(民衆や兵士、ユダヤ教指導者など)、(3)イエス、(4)ピラト(ローマ帝国ユダヤ属州の総督)、(5)コラール合唱の五者が織りなす対比は圧巻である。
 受難ドラマの案内人であるエヴァンゲリスト、自分たちの言動の意味を全く理解できないでいる群衆、事の成就への道をひとり歩むエス、両者の狭間で苦悩するピラト、そして彼ら全員を現在(聞き手)の地平から見つめ、寄り添うコラール合唱
 
 バッハ・コレギウム・ジャパンは今から300年前のドイツ・ライプツィヒで鳴り響いたバッハの音楽を本当に生き生きと現代に蘇らせている。

 + + +

 前者がはっきりとした輪郭線を描き、濃淡のはっきりとした、コントラストのあるサウンドだとすれば、後者は丸みを帯びた柔らかなそれである。

 コレギウム・ヴォカーレは老舗中の老舗である。合唱隊は各パート4名で構成されており、響きの美しさは前者と本当に甲乙つけがたいものがあるわけだが、とにかく非常に渋い音作りで、作品そのものが持っているドラマティックな要素のうちにも、合唱それ自体の美しさを決して失わない。テンポ感や音楽の表情はじゅうぶんに生き生きとしながらも心地よい抑制が効いている、この絶妙なバランス感覚。
 
 最も分かりやすいのが最終曲のコラール合唱である。
 賛美を力強く歌い上げる前者に対し、もちろんそういった言葉の意味を込めつつも、声の美しさや声そのものの持つ力強さでもって奏でる後者。いずれも他でもない魅力に満ちあふれている。

 + + +

 ライプツィヒ音楽監督だったバッハが受難曲というドイツ・ルター派の伝統的な典礼音楽ジャンルに初めて真正面から取り組んだ、その所産としてのヨハネ受難曲
 保守的な市当局から演奏中止を言い渡されたというのもうなずけるそのドラマティックな音楽表現は、21世紀においてなお一つの衝撃である。

読書録:弁論術(アリストテレス)

 ひとはよいものに惹かれる。ひとはよいものを求める。よいものとは何か。
 アリストテレスは『弁論術』第1巻の第6章において、疑いようもなくよいものを10点列挙している。

  1. 幸福
  2. 精神の徳(正義、勇気、節制、寛大、鷹揚)
  3. 身体の徳(健康、美しさ)
  4. 富(所有における優秀性)
  5. 友と友情
  6. 名誉、名声
  7. 語る能力と行動する能力
  8. 恵まれた素質(記憶力、理解のよさ、鋭敏さ)
  9. 知識、技術、生きること*1
  10. 正しさ(公共的観点における)

よいものの定義とは

 ここから何を導き出すことができるだろうか。アリストテレスよいものについておおむね次のように定義する。

ただそのもの自体が目的で選ばれるもの、また、われわれが他のものを選ぶ時の目的となるもの、また、すべてのものが、或いは、感覚もしくは知性を持っているものがすべて求めているもの(・・・)、さらにまた、それが手許にある時には人がよい状態に置かれ、自ら満ち足りているようなもの、また、それだけで足りるもの、また、今挙げたようなよいものどもを作り出すか、もしくは維持するようなもの、また、それらよいものが結果としてつき随うもの、また、それらとは反対のものを阻止し、滅ぼすようなもの、このようなものがよいものである。

 よいとされるものについての見事な定義づけである。これ以上でも以下でもない、まったく過不足のない記述のように思われる。また、目的というキーワードが一番初めに出てくるのもまさにアリストテレスらしい。
 
 とはいえアリストテレスはこの規定に自ら満足しなかったようで、このあとさらにといったキーワードを示しながら定義を拡張していくのだが、注目したいのは次の箇所である。

また、快楽もよいものでなければならない。なぜなら、動物はすべて生まれながらにして快楽を求めるからである。それゆえ、快いものも美しいものも、共によいものだということになる。なぜなら、快いものは快楽を作り出すし、一方美しいものも、その或るものは快いものであるし、或るものはそれ自体で(無条件に)望ましいものだからである。

 善や徳につづけてアリストテレスについて述べる。生きものの本質としての快への欲求は否定されるべきものではなく、むしろと同列に語られるべき「よいもの」である。冷静でありながらも非常に生き生きとして人間味あふれる定義であり、ここにアリストテレス流のリアリズムを見いだすのはたやすいだろう。
 
 ちなみに、この箇所の後半部分の読み方について、訳者註によれば次のとおりである。

ここで美しいもの(ta kala)が二つに分けられているが、その一つは、例えば身体の美しさがそうで、これはその自体として望ましい(したがって、よい)のではなく、快いがゆえに、その快楽によって望ましいのである。これに対し、いま一つは、道徳的優秀性で、これはそれ自体が(無条件で)望ましい。

 要するに、こういうことである。

【P】快楽はよいものである。
   (なぜなら快楽はすべての動物の本来的な性質だから)
 (A)快いものはよいものである。
   (なぜなら快いものは快楽を作り出すから)
 (B)美しいものはよいものである。
   (x) なぜなら美しいもののうち
     あるもの(身体美)は快いものだから
   (y) なぜなら美しいもののうち
     あるもの(精神美)はそれ自体で(無条件に)望ましいものだから

※(y)については 、よいものの定義の冒頭の「ただそのもの自体が目的で選ばれるもの」あるいは「それが手許にある時には人がよい状態に置かれ、自ら満ち足りているようなもの、また、それだけで足りるもの」という箇所を参照すべきもののように思われる。

美しいものの定義とは

 アリストテレス自身は美しいものについてどのように考えていたのだろうか。
 『弁論術』第1巻の第9章において、美しいものは次のように定義される。

美しいものとは、すべて、それ自体望ましいものであって、かつ賞讃に値するもの、或いは、よいものであって、しかも、よくあるがゆえに快いもの、がそうである。

 アリストテレスが真っ先に挙げる美しいものとは、(精神の徳)である。なぜならば『それはよいものであって、しかも賞讃に値するから』である。正義、勇気、節制といった人格的な徳、これこそが疑念の余地なく美しいものであって、アリストテレスはこれについて十数点にも上る具体例を列挙しながら徳の美しさについて(延々と)述べるのであるが、その列挙の終盤において、やや趣の異なる例が示される。

利を生まない所有物は美しい。なぜなら、それらはより自由人に相応しいものだから。

 これについて、訳者註によれば次のとおりである。

一般に利益を生むことを否定しているのではなく、利益を生んで他のものに役立つことで、所有物そのものの美しさが決まるのではない、と言っているのである。つまり、他のものに役立つということは目的に奉仕することであり、自由に反するからである。

 美しいものを列挙するアリストテレスは、最終的に自由について語る。
 特定の利益の享受という目的に供されることなく、それでもなおその人のもとにあるもの、それは観想的な生の営み、真に自由な生き方においてのみ見いだされるものでもある。目的手段という関係性から逸脱するもの、その逸脱にこそは宿る。
 
 ここにハイデガー現象学的な存在論を連結させることもできるだろうし、カントの「目的なき合目的性」や「美的無関心性」といった18世紀の認識論や感性論の概念を導入することもできるだろう。あるいは観想的生ということから中世の神学思想へ移行することもできるだろう。

  + + +

 アリストテレスの『弁論術』は、その名の通り「上手いしゃべりを目指す人のためのハウツー本」である。議会や法廷での効果的な答弁や巧みな演説について、その方法論が具体的かつ網羅的に述べられており、きわめて実際的かつ実用的な著作である。
 ソクラテスプラトンの立場からすればそれこそ「量産型ソフィスト育成マニュアル」とでもいった悪書の類かもしれないが、現代においてなお、いわゆるスピーチ(聴衆を前にしての一人しゃべり)という欧米独特の言論文化(それはリンゴで有名な電子機器メーカーの新製品発表イベントでの基調講演やアメリカ合衆国大統領就任式での就任演説を想像していただければ差し支えない)を理解する上でも大変価値ある一冊である。
 
 にもかかわらず本書はそのような全体像を差し引いてなお余りあるものが、ほかでもないアリストテレスの卓抜した人間分析が、随所に光る。
 私たちにとってよいものとは、美しいものとは、自由とは何か。
 小手先のテクニック論にとどまらない、アリストテレス人間学の真髄に触れることのできる一冊である。 

アリストテレス 弁論術 (岩波文庫)

アリストテレス 弁論術 (岩波文庫)

*1:アリストテレスによれば『他にはよいものを何一つ伴わないとしても、それ自体として望ましい』という点において、知識、技術、生きることはいずれもよいものだとされる。